きみはどこまで進めるか!
北京? シンガポール
それともオーストラリア!?
多読で世界一周 リーディングアドベンチャー
リーアドの効果を実感してください!
最大2ヶ月無料お試しキャンペーン
今すぐ申し込む

リーアド最大2ヶ月無料お試しキャンペーンとは・・・

“多読の効果はわかっていてもねえ、なかなか始められないんだよね〜”
そんな足踏みをしている方に最大2ヶ月間無料で多読の楽しさとリーディングアドベンチャーの効果を実感していただけるキャンペーンです!
“でも多読用のリーダーがないから〜”
多読用のリーダーがお手元になくても大丈夫!期間内はサイト内のデジタルライブラリーをご利用いただけます。
ぜひこの機会に一度多読の楽しさや効果をすぐに実感できるリーアドをお試しください!
→リーアドで得られる効果
リーアド利用者の方々よりいろいろな声をいただいてます!
★英語の本読みが好きになりました。オックスフォードのフロッピーの本が好きです。
本を読んだあとボスワードとの対決も楽しいし、リーアドで英語いっぱい覚えました。もう100冊以上読みました。(小4 Rくんより)
★ほんとうに読んでいるのでしょうか?疑問に思えるくらい英語の本を読むようにな りました。4月に始めたばかりですが、もう200冊近く読んでいるみたいです。びっく りです。この調子で先生のおっしゃるとおり英語を自然に覚えていってほしいです! (小5 M子ちゃんのお母さんより)
★リーアドすご〜いです。小学3年のむすめがいつのまにか英語読めるようになって ます!本を読んで次の国へいけるのがとても楽しいみたいです。(小3 Sちゃんのお 母さんより)
★ぼくはリーアドが大好きです。たくさん読むと遠くの国へ行けるのも楽しいです。 これからもたくさん読みます。そして世界一周をしたいです。(小5 Jくんより)
★ベトナムのハノイに行ったとか、上海に着いたとか、英語の本を読むこと以外にも 世界の国々のことに興味を持ち出したようです。(小5 Jくんのお母さんより)
よくある質問
Q 具体的にどのくらいの英語の量を目にするの?
A 単語の総語数でいうと、学習者はおおよそ75,000語という膨大な量の英単語に触れることになります。※1冊平均80語から120語程度 
現在中学校で使われている検定教科書では1年から3年までの教科書に印刷されている総語数が約7,000語、それと比べても多読を通して子ども達が触れる英語の量が膨大であることがわかります。
 
Q 本の貸し出し方法は大変では?
A なかなか始められない理由のひとつに図書の貸出しが“煩雑”であるという理由があります。
とくに小さな英語教室で絵本の貸出しをはじめるとなると 本の貸出しや返却を短い授業の合間に行わなくてはなりません。

貸出し返却業務で先生がてんてこ舞いになり、それがいやでなかなか積極的に踏み出せないというお話をよく耳にしていました。

先生の煩わしさを省くために無人の貸出システムをおすすめします

無人貸し出しシステム 詳しく見る

今すぐ申し込む